忍者ブログ

ギルガメシュ叙事詩まつり1(絵と漫画でお話紹介)

古代メソポタミアの英雄物語、「ギルガメシュ叙事詩」。
2019年1月下旬、Twitterで、メソポタミア神話絵師のでんたさまのアステカ絵をリツイートしたのがきっかけでご縁ができて、メソポタミアがどの地方でいつの時代かなど全然知らない状態で、絵を描きだしました。

「ギルガメシュ叙事詩」…。
最初は未熟でワルな主人公とか、
ライバルとコブシで戦ったのちに無二の親友になるとか、
親友を得て人間的に成長とか、
大好きな親友との冒険と死別の悲劇とか、
ついに立派な王様になるとか、
私がハマらないわけがなかったんだよ…。

ギルガメシュ叙事詩絵

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ギルガメシュ叙事詩】

古代メソポタミアの英雄ギルガメシュ王の、成長と友情の物語。

ウルクの王ギルガメシュは、未熟でヤンチャな暴君だったが、
野人エンキドゥとコブシを交えて戦い、お互いを認めて親友となってからは、
行いをあらため、民に尊敬される王へと成長していく。

二人は、レバノン杉の森の番人フンババ退治に出かけたり、
町をおそった聖牛を倒したり、大冒険をくりひろげる。

ところが、神々が下した罰により、親友エンキドゥが命を落とす。

友を失ったギルガメシュは悲嘆にくれ、自分にもいずれ来る死を思い、不死を追い求める旅に出た。
しかし、あと少しのところで不死を得ることは叶わなかった。

旅を終えたギルガメシュは、その後、ウルクの王としての生涯を全うした。

(ウィキペディアであらすじを追うだけでも燃えるので、読んでみてやって…)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ギルガメシュの夜

ギルガメシュ字入り

野人エンキドゥ

ケンカ中

エンリルに選ばれし王

勝負のあと

お食事

ビール

野営

フンババ退治

フンババの森へ

びびるギルガメ

獅子は二頭の

フンババ

フンババ戦

フンババの命乞い

ギルガメ凱旋

イシュタルさま

イシュタルの求婚

天の牡牛

エンキドゥが病気に

エンキドゥの死

友を失ったギルガメシュは悲嘆にくれ、
自分にもいずれ来る死への恐怖にとりつかれ、
「不死」となるために旅に出る。

さまようギルガメ

不死への旅

旅を終え、疲れ果て、あらゆることを国の果てまで見て知ったギルガメシュ。
ウルクの城壁を立派なものとするなど、数々の功績をあげ、王としての生涯を全うした。

すべてのものを見た人

周壁もつウルク

「すべてのものを見たる人。すべてを味わいすべてを知りたる人。」

勢ぞろい

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【おまけ絵】
エンキドゥの生い立ち
「エンキドゥさん!エンキドゥさん!」
エンキドゥさん
ケンカ上等
馬車で暴走!(シュメール文明の馬車は、あまり速度が出ないらしい)
馬車で暴走中
エンキドゥとシャムハトさん。
エンキドゥとシャムハトさん
エンキドゥさんが学校に遊びに来たよ。
学校に遊びに来たよ
エンキドゥさんが文字を書くよ。
文字を書くよ
エンキドゥさんがゲームをするよ(NHK大英博物館の本にのってたウルのゲームです)。
力くらべなら勝敗がつかない二人でも、これなら勝負がつくかな…?
ゲームをするよ
ナツメヤシの実で、戦争勃発!
ナツメヤシ大戦
太陽神シャマシュ。物語の中で、ギルガメシュを個人的に気にかけていて、加護を与える神。
シャマシュ神
イシュタルとエレシュキガルの姉妹神。
イシュタルとエレシュキガル
イシュタルとエレシュキガルその2

【最初に読んだ本】(2019年1~2月)
『ギルガメシュ叙事詩』矢島文夫訳、ちくま学芸文庫、1998(単行本は1965年)
『世界の神話1 メソポタミアの神話 神々の友情と冒険』矢島文夫、筑摩書房、1982
『シュメル 人類最古の文明』小林登志子、中公新書、2005
『シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン』岡田明子、小林登志子、中公新書、2008

なお、『ギルガメシュ叙事詩』(月本昭男訳、岩波書店、1996)は、4月に読みました。
矢島訳(単行本で1965年)で書かれていない所が書かれていまして、情報量も文章量も充実、内容がかなり違っていて、驚きました。でも、地元図書館になくて、県立図書館から取り寄せて読んで、なおかつ、アマゾンに割高な中古しかないのが残念…。新版出てほしい)

【画像資料】
Pinterestで収集。グーグル画像検索するより、かなり使える気がする。

(本や資料は、絵を描くのと並行して読んだり探したので、絵は正確ではないです。絵は勢いで描きました。あとになって、くわしくなったら、間違いだらけに気づいて頭を抱えそうだ…。時代的にはシュメールですが、アッシリアなどの衣装も混ぜています)

拍手

PR

Copyright © アステカ漫画 : All rights reserved

「アステカ漫画」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]