忍者ブログ

エジプト神話漫画「砂漠の神セトさん」4~セトとアヌビス

【セトとアヌビス】
セトとアヌビス。
神話上では、アヌビスはセトの妻ネフティスが、セトの兄オシリスと不義密通して生まれた子供ですが、外見上は、オシリスより、セト似だろうよ…。
下のイラストは、セトとアヌビスのツーショット。
本来の姿の獣頭バージョンと、オリジナル要素の強い人型バージョンの二柱。
別れた妻の息子
別れた妻の息子人型
ミイラつくりの神アヌビス
エジプトは砂漠気候なので雨はめったに降らないらしい。
雨の日に子犬

アヌビスと子犬1
アヌビスと子犬2
アヌビスと子犬3
アヌビスと子犬4
アヌビスと子犬5
アヌビスと子犬6の新
アヌビスと子犬7
アヌビスと子犬8
アヌビスと子犬9
「アヌビスと子犬」完。
墓守アヌビス
オシリスの助太刀
セトの助太刀
死後の名声
ボケ魂
アヌビスの生い立ち神話
セトとアヌビスがいっしょに暮しているバージョンの漫画もオリジナルで描いていますが、本来の神話はこんな感じです。初期のころには、太陽神ラーの息子という神話もあったそうで、絶対にそっちのほうが幸せだっただろうよ…。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【赤毛のセトVS緑の兄貴オシリス】
セトさんVS生前のオシリスのネタ。
セトさんは、後の伝承で、「赤毛・赤目・白肌」という伝承があったそうです。赤は砂漠カラーで、白は異邦人カラーで、ともに不吉らしい。当初は知らなかったので、赤毛だけしかかぶっていませんが(苦笑)(最初のころに描いた作品では、目はグレイに塗ってます)。
砂漠の神対豊穣の神
赤毛のセト対緑の兄貴
セト対イカ兄貴
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【セトさんとファラオ】
セトさんとペル・ラメセス
まあ、偉大なファラオである、ラメセス2世の繁栄をもたらしたとすれば、ご利益も十分なような気もしますね…。約翰さまのお話だと、つづく第20王朝も、王様の名前の一部にセトナクト(力強きセト)やセトヘルケプシェフ(セトは彼の力)という部分があるので、初めのころはセト信仰があったかも、とのことでした。だといいなあ。
セトさんとクレオパトラ

拍手

PR

Copyright © アステカ漫画 : All rights reserved

「アステカ漫画」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]